花暦     


 
早春
 
初夏
盛夏
初秋
 
晩秋

マンサク
  
3月の声をきく頃、
  まだ芽吹かない林にまず咲く花
  カタクリ
  芽吹きはじめた雑木林に明かりが
  ともされるように花が群生
  早春を代表する花、
  5月半ば頃には地上から姿を消す
ヤマエンゴサク
  カタクリが咲く頃、
  沢沿いの明るい林に咲きはじめる
エイザンスミレ
  木々の葉がやわらかく
  木漏れ日のさす林に
  点々と咲くスミレ
  ハシリドコロ
  出始めの頃は明るく
  広かった空も
  花の頃は緑の葉におおわれて
  狭くなったなあ。
ヒメレンゲ
  新緑の沢すじで
  苔むした岩が黄色に染まる

イカリソウ
  五月晴れの草むらに
  マルハナバチを待つ
シロヤシオ
  同じ頃トウゴクミツバツツジも
  咲き始め、やわらかな緑の林に
  白と紅紫色の花が美しい
ヤマツツジ
  初夏、
  緑深い林に
  朱赤色のトンネルが続く
コアジサイ
  梅雨の雨が
  よく似合うコアジサイ。
  途中からはヤマアジサイに
  バトンタッチ
ヤマホタルブクロ
  雨あがりのひととき、
  道脇に咲く花は重たげだ。
ギンバイソウ
  山のきれいな流れのそばに
  群生する 
ヤマユリ
  カッと照りつける陽射し、
  夏空に大輪がまぶしい。
イワタバコ
  夏本番、滝風にあたりながら
  涼しげに咲く
タマガワホトトギス
  緑濃い沢すじの岩に生える
レンゲショウマ
  晩夏の林下に
  うつむきかげんの森の貴婦人
ノハラアザミ
  秋の風を先取りして
  草原に咲き始める
ツルニンジン
  まだ暑さの残る林縁に
  茎で他の草や木にからむつる草
ノコンギク
  野菊の季節だ。
  澄んだ秋空にまけない色。
アキノキリンソウ
  秋盛り、この花が咲くと
  山道に明るさが増す。
セキヤノアキチョウジ
  林縁の秋色とりどりの花のなか、
  落ち着いた風情をかもし出す
カメバヒキオコシ 
  秋草のなかでも出会うことの
  多い亀葉の花。
  初冬、枯れた茎に
  水飴様の氷の花がさく。
リンドウ
  秋の花が一息ついて
  山がかすかに
  色づきはじめる頃に咲く。

リュウノウギク
  落ち葉の舞う頃まで咲き残る。